つじ腎泌尿器科クリニック
トップ サイトマップ お問合わせ

病気について

小児泌尿器科疾患の病気について

それぞれの病名の説明をします。項目の中からお選び下さい。

夜尿症 包茎
亀頭包皮炎 陰のう水腫(精巣水瘤)
停留精巣 移動性精巣(遊走精巣)

夜尿症

夜尿症とは5歳以降に少なくとも月に1回以上のおねしょがあるものをいいます。夜尿は5歳児で20-25%、10歳児で5%、15歳児で1%程度にみられます。この数字を見ても分かるように夜尿症は年齢とともに治ってきます。
受診の目安として小学生になって、週に数日夜尿が続いている場合は受診をおすすめします。またお子さまの夜尿症が心配でストレスになるような場合には、年齢や夜尿日数に関係なく受診していただいたらいいかと思います。
治療は、検尿、オシッコの回数、残尿の有無、最大がまん尿量、夜間尿量、尿の浸透圧、比重などを検査して、お子さんにあった生活指導、投薬をいたします。治療の3原則は「あせらない」・「怒らない」・「起こさない」です。
「あせらない」: 15歳頃までには、自然に治癒することがほとんどです。おおらかな気持ちで治るのを待ちましょう。 あせったからといって、早くなおるものではありません。
「怒らない」:本人が気にしていることを叱っても劣等感を助長させるだけです。逆上がりができない、逆立ちができないからといって子供をしかりませんよね。それと同じで叱っても意味がないばかりでなく、叱るのは逆効果です。優しい気持ちで接してあげて下さい。
「起こさない」: 夜中に起こしてトイレに行かせることは、睡眠リズムを狂わせてしまう可能性があり避けるべきです。

【▲病名の項目に戻る

包茎

基本的にお子さんは包茎で「むこうとしてむける(仮性包茎)」と「むこうとしてもむけない(真性包茎)」に分かれます。
仮性包茎は放置で問題ありません。
真性包茎にたいしては(1)放置(2)包皮剥離訓練(3)手術の選択肢がありますが、最近は小児の包茎手術に対しては否定的な意見が多いのが現状です。実際に手術数も以前と比べて激減しています。
放置するか、軟膏を使いながら剥離訓練するかは一長一短がありますのでご相談させていただきます。
炎症を何度も繰り返したり、癒着が強く改善の見込みがない真性包茎には手術をお勧めします。

【▲病名の項目に戻る

亀頭包皮炎

お子さんのおちんちんの先が赤く腫れて痛んだり、膿がでている状態です。
以前は「痛がるのをおさえつけて、無理矢理、皮をむいてうみを出す」方法が一般的でしたが、無理にむいて裂けたところが瘢痕化し、将来、皮がむけない原因になる可能性があり、最近は否定されてきています。
当院では軟膏を使用して「むかない」治療をおすすめしています。
炎症が落ち着いてから、軟膏を使った包皮剥離訓練を行うか、放置するかご相談します。

【▲病名の項目に戻る

陰のう水腫(精巣水瘤)

本来なら途絶する、お腹と陰嚢をつなぐ、腹膜症状突起という管が開いているために陰嚢に、腹水が降りてきてたまる病気です。自然に消えることを期待し経過観察しますが、3〜4歳を過ぎても水腫が卵くらい大きく、小さくなってくる傾向がない場合には手術をおすすめしています。
3〜4歳を超えても自然治癒することもありますが自然治癒率は低下してきます。
まれに水ではなく、腸が降りてきてはまりこむと、ヘルニア嵌頓という状態になるので、緊急手術が必要になることもあります。陰嚢水腫の経過観察中に急激な腹痛を訴えることがあればすぐに受診して下さい。(必ず、この説明をするのですが、今まで実際に経験したことはありません。)

【▲病名の項目に戻る

停留精巣

精巣は胎児期にはお腹の中にあり、それがしだいに陰嚢内へ降りてきます。本来、降りてくる精巣が途中で、止まってしまい、陰嚢内にない状態です。
ソケイヘルニアの予防、不妊症の予防、精巣腫瘍の発生率が上がるため精巣腫瘍が発生しても発見が容易な状態にしておく等の理由で、1歳までに陰嚢内へおろし、固定する手術をおすすめします。

【▲病名の項目に戻る

移動性精巣(遊走精巣)

普段,陰嚢内に精巣がなくてもお風呂に入っている時,リラックスしている時などには精巣が陰嚢内に触れるような状態を移動性精巣といいます。
手術適応ではありませんが、停留精巣へ移行する場合がまれにありそのような場合は手術が必要です。普段、陰嚢内になく手で降ろしてきても、緊張が強く、ピョンとすぐ戻ってしまうような場合は手術をしたほうがいい場合もあります。

【▲病名の項目に戻る

成人泌尿器科疾患、手術については順次アップしていきます。

このページの上部へ