つじ腎泌尿器科クリニック
トップ サイトマップ お問合わせ

こんな時は腎泌尿器科

気になる症状について解説をしています。気になる項目をクリックして下さい。

血尿 頻尿(尿が近い)
残尿感 排尿困難(尿がでない、でにくい)
尿失禁(尿もれ) 排尿痛
腰背部痛 下腹部、会陰部痛
陰のう、精巣痛 PSAが高い

血尿

読んで字のごとく尿に血が混じることを「血尿」といいます。
血尿には、目で見て分かる「肉眼的血尿」と目で見ても分からず、顕微鏡でのみ確認できる「顕微鏡的血尿」があります。
「肉眼的血尿」の場合は、何らかの治療を要する病気がみつかる確率が高いので、泌尿器科を受診してください。あえてこんなことを言わなくても、びっくりしてすぐに泌尿器科を受診される方が多いですが。
「顕微鏡的血尿」は、健診や人間ドックで指摘される場合が大半です。泌尿器科(専門医)を受診するように言われても、症状がないので放置される方も多いのではないでしょうか?たしかに「顕微鏡的血尿」の場合は、「肉眼的血尿」と違い、治療を要する病気がみつかる確率は低いですが、なかには重大な病気が見つかる場合もあります。何も症状がないのに病院を受診することは面倒なこととは思いますが、せっかく身体が異常の可能性を示してくれたのですから、きちんと調べておきましょう。

【△症状の項目に戻る

頻尿(尿が近い)

排尿の間隔が短くなることを「頻尿」といいます。「さっきおしっこに行ったのにまた行きたくなる」といった状態です。急性膀胱炎の他にも、前立腺肥大症、神経因性膀胱、過活動膀胱、慢性膀胱炎など様々な病気の可能性があります。女性の場合は更年期障害のひとつの症状の場合もあります。

【△症状の項目に戻る

残尿感

「排尿したのにすっきりしない、尿が残った感じがする」といった状態を「残尿感」といいます。「残尿感」を感じる時には、実際に尿が残っている(残尿がある)場合と残っていない場合があります。いずれにせよ「残尿感」の原因を探る必要があります。男性で多いのが前立腺肥大症ですが、膀胱炎などが原因の場合もあります。

【△症状の項目に戻る

排尿困難(尿がでない、でにくい)

「尿がでない、でにくい」ということばには、2つの意味合いがあります。
ひとつは、尿が勢いよくでない場合です。膀胱にたまった尿がうまく出せないため、人と比べて排尿に時間がかかり、尿が残り(残尿)、下腹部が張ってつらい思いをします。男性の原因として多いのが前立腺肥大症です。前立腺癌を併発している可能性もあります。
もうひとつは、尿量が少ない場合です。この場合は、通常、体にむくみが出ます。腎臓病や心臓病(心不全)などが疑われます。

【△症状の項目に戻る

尿失禁(尿もれ)

ひとえに尿がもれるといっても、いろいろな状態があります。咳をしたときや重いものを持ったときなどに尿がもれる腹圧性尿失禁、尿意を感じたときにトイレまでもたない(まったがない)切迫性尿失禁、残尿があり常に尿がたらたらともれる溢流性尿失禁の状態に分かれます。女性は、男性に比べて、尿道が短いこと、分娩を経験されることなどにより、腹圧性尿失禁を認める率が高くなります。日常生活に不便を感じるかたは、「はずかしい」と考えずにお気軽に泌尿器科を受診してください。

【△症状の項目に戻る

排尿痛

排尿時に痛みを感じる場合は、大半が、急性膀胱炎、急性尿道炎、急性前立腺炎などの急性炎症が原因です。ときに膀胱結石などが原因の場合もあります。

【△症状の項目に戻る

腰背部痛

急に腰背部が痛くなった場合、尿管結石が疑われます。通常、「左側が痛い」「右側が痛い」といった様に、明らかに左右差があります。発熱を伴う場合は急性腎孟賢炎が疑われます。

【△症状の項目に戻る

下腹部、会陰部痛

男性の方で慢性的な下腹部や会陰部の痛み、不快感でお悩みの時は、慢性前立腺炎が原因のことがありますので、お気軽にご相談下さい。

【△症状の項目に戻る

陰のう、精巣痛

陰のうが急に痛くなった場合、最も急を要するのは精巣捻転です。精巣捻転の場合は激烈な痛みを伴います。6〜8時間以内に手術をすれば、元通りになりますが、その時間を過ぎると精巣が壊死におちいり、精巣機能は回復しません。その他には、精巣上体炎の可能性もあります。「はずかしい」と考えずに早く泌尿器科を受診してください。
また、痛みのない精巣の腫れは精巣癌の可能性があります。繰り返しになりますが、恥ずかしがらずにできるだけ早く泌尿器科を受診して下さい。

【△症状の項目に戻る

PSAが高い

日本語に訳すと「前立腺特異抗原」です。読んで字のごとく前立腺からのみ血液中に分泌される物質で、「前立腺癌特異抗原」ではありませんので、前立腺に異常(癌、炎症、肥大)がある時に上昇します。すなわち、高いからと言って必ずしも前立腺癌が存在するわけではありません。
おおよそですが、4〜10で25%、10以上で50%に癌が見つかります。前立腺癌は早期であれば完治可能で、PSAは簡単な採血で分かりますので50歳を超えたら、年に1度、採血をお勧めします。親、祖父、兄弟に前立腺癌の方がいらっしゃる場合は45歳を超えたら採血をお勧めしています。

【△症状の項目に戻る

以上、代表的な症状をあげましたが、他にも尿、性器に関するお悩みがありましたら、何でもお気軽にご相談下さい。何度も繰り返しますが、はずかしかる必要は全くありません。今の天皇陛下の主治医も泌尿器科医です。

このページの上部へ